硬貨を積む人

中古マンション投資に強いギブコムを利用して投資を成功させよう

審査がある保証契約

硬貨を持つ人

審査を通りやすくするには

賃貸保証会社を利用する場合、審査があります。この審査に通るためにはある程度信頼がなければなりません。まず転居理由は明確にしておきましょう。理由があいまいだと怪しまれます。もし生活保護を受給しているのであれば、きちんとコミュニケーションが取れる人間だということをアピールしておきます。賃貸保証会社とやりとりがちゃんとできる人であれば審査が通らないということはありません。身分証明書はきちんと更新されているものを提出します。紛失したり、更新し忘れなどがある身分証は提出しないほうがいいでしょう。無職の場合でも審査は通ります。貯金がある程度あることをアピールしましょう。通帳の残高証明書を提出し、住んでから半年程度は生活できるだけの貯金があれば大丈夫です。

保証契約を結ぶ

賃貸保証会社を利用すると、初回保証料と更新保証料を支払う必要があります。金額が賃料の何%になるのか確認しておきましょう。連帯保証人を必要とせずに賃貸契約を結ぶことができますが、決して連帯保証人の代わりになるものではありません。そのため賃貸借契約書に連帯保証人のように記入することはありません。別途保証委託契約書に借りる人と貸す人、賃貸保証会社が契約締結することになります。審査時には個人であればその申込書と身分証明書が必要ですが追加で収入証明書や内定通知書が必要な場合もあります。法人であれば商業登記簿謄本や会社案内のパンフレットが必要です。そして決算書や事業計画書を追加書類として見られることがあります。